今日も明日も

毎日の暮らし、大切にしたい物事などを書き溜めていきます☕️🍪

疲れたらまたサンドイッチを食べに行こう

引っ越す家がようやく決まり、手続きやらなんやらで気がそぞろになっているうちに5月になった。引っ越すのは今月下旬。少し古いけど駅近で、日当たりのいいところ。古い雰囲気に合わせて、おばあちゃん家みたいにカワイくして暮らすのだ。楽しみで仕方ない。

 

久しぶりの夜の映画館

5月1日に映画「街の上で」を観に行った。

本当は去年の今頃に観に行く予定だったのに、コロナの影響で公開が延期になっていた。1年越しの今年5月1日に公開することになり、毎月1日は映画の日で料金も安いし、仕事も休みだし、よし見に行くぞと前々から決めていた。

この映画は今泉力哉監督の作品で好きな監督さんの一人だ。6年前に「サッドティー」という作品を一人で観に行った時に、あ、この監督さん好きかも。と思った。

それから何本か見ているけど、正直今作のは好みじゃなかった。ストーリーはとても面白かったけれど、この映画、好きだ!とはならないやつ。2年前に観に行った「愛がなんだ」もそんなに好きじゃなかったなぁ。(ただし2本ともエンディングが大好きなバンドで最高だった)

今泉監督は「知らない、ふたり」「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」がとても好き。好きだと思える映画に出会えた時は嬉しいし、何度見てもやっぱり好きだと思える。

 

美味しいサンドイッチは本当に良い

映画を観る前にコメダ珈琲に行った。

好きな喫茶店はコロナの影響でお持ち帰りのみの営業になっていたので、その店の近くにあるコメダ珈琲へ。実家にいた頃、近くにあったコメダ珈琲aikoのアルバムを買って聴いたり、免許の勉強をしたりした記憶がある。タンクトップ氏と初めてデートする前に時間を潰していたのもコメダ珈琲だった。そう思うと思い入れがあるような…。一人暮らし始めてからは近くにお店がなくめっきり行かなくなっていたので久しぶりだった。ミックスサンドを初めて注文したけど、ボリューミーでカラシマヨネーズが絶妙でとっても美味しかった。映画の時間までゆっくり食べたり、したかったことをしたり、贅沢な時間だった。

f:id:Stephan_ours:20210503173456j:image
f:id:Stephan_ours:20210503173500j:image

 

ラプアンカンクリのリネンストールとSITRUUNA

届いてから毎日愛でている。目につくだけでなんだか嬉しい気持ちになる。朝晩の寒暖差もこれでへっちゃら!

f:id:Stephan_ours:20210503173527j:image

 

今月は忙しくなりそうだけど、心に負担をかけすぎないように、出来る範囲で、気負わないように。気楽に行こう。

”気”を休めること

f:id:Stephan_ours:20210420074440j:image

つい先日、体調を崩した。三連休最終日のことである。

ここ最近は引越しのことが主な話題になっている。場所はどこがいいか、間取り、家賃、日当たり、キッチンの大きさ、治安、色々考えだすと本当にキリがない。

この日は仲良しの母と三人で不動産屋に行き、何度目かの内覧日だった。第一希望の物件はすでに埋まってしまっており、第二希望の家を見に行った。

担当の営業マンは「自分は初期費用を下げるのだけは得意っすよ」「お二人さん、アタリっすね」と初っ端からかなりハードルを上げ、ハイテンションで頑張ってくれた。私もシラけていては申し訳ない…!とお店に立つときのテンションで会話した。

内覧が終わり、初期費用を出してもらった。第一希望の物件が埋まってしまったことで焦っていた私は「じゃあこれでよろしくお願いします!」と頭を下げた。お手洗いを借りて出てきたら、タンクトップ氏が「一回考えて、また改めてメールすることにしたから。」と一言。ひゃっとした。冷静だ。

不動産屋を出てカレーを食べた。母が「あんたがお手洗いに行ってる間に「彼女は少し衝動的なところがあるんです。また改めてご連絡してもいいですか。」って言っとったよ。しっかりしとるわ〜」と教えてくれた。うーん本当にしっかりしている。

少しだけ母と雑貨屋さんをウロウロし、その間に母の欲しそうなものをリサーチした。もうすぐ来る母の日のプレゼントのためだ。

 

次の日、さて今日は仕事をするぞ!と気合を入れて起きたのにどうも頭が痛い。

朝の家事をする。ゴミ出し、洗濯。コーヒーを淹れる。気を紛らわすために動いてみたけどやっぱり痛い。朝ごはんの後に大信頼を置いている相棒のセデスを飲んだ。これで大丈夫。今日のやることリストを書く。少しだけ勉強をして、お昼は焼うどんを作った。それからみるみる体調が悪くなり寝込んでしまった。

私は第一に、三連休で体調を崩すという自分のバイタリティーの無さに情けなくて泣いた。そして今日の予定が上手く進まないことに泣いた。仕事もして、休憩には楽しみにしていたドラマを見ようと思っていたのに。初期費用全然安くないじゃない、コノヤロウ。セデスに裏切られた。なんだよ、なんだよ。

どうしたどうしたと私を覗き込んでいるタンクトップ氏に私はウジウジとこれを述べた。するとタンクトップ氏は「この三日間、気が休まった瞬間はあった?」と聞いてきた。思い返してみる。確かに休みとはいえ、ずっと何かを考えたり調べたりしていたように思う。引越しのこと、お金のこと、そういえば内覧の帰りはとても寒くて体がカチコチになったっけ。

「内覧の日もずっと気が張ってたやろう。休みになってないから、疲れが出たんじゃない?今日は寝とき。」目からウロコだった。気。そうか気を休めてなかったのかと。それでも私は周りはそんなことくらいへっちゃらって感じでバリバリやってる、情けない。とシクシク泣いていた。PMS期でもないのにここまでダメな日は珍しかった。本当に自分は圧に弱い。世話がかかる。

 

散々落ち込んで次の日復活した。昨日はごめんねと謝ると「楽しい時に楽しそうで、しんどい時に参ってるところが好きや。」と笑ってくれた。この人の懐の大きさには頭が上がらない。今度肩でも揉ませていただきます。

 

決まりそうで決まらない引越し先。この状態もしんどい。決まったら決まったでやることがいっぱいでまた参ってしまいそうだけども。気を緩めつつぼちぼち頑張ろう。

新しい季節、気を張っている人が多いと思う。コロナの感染者が増え続けていることも大影響だ。そういえば仲の良い後輩ちゃんが新社会人になったばかりで、気を張って頑張りすぎてないか心配だ。会いたいな。どうかちゃんと気を休められていますように。

白と緑の日

f:id:Stephan_ours:20210413165312j:image

amazonで注文したお楽しみセット。ゆっくり本を読む時間って幸せだなぁ。美味しいおやつや飲み物があればさらに良い。家で読んでもいいし外で読んでもいい。最近喫茶店で読んでないな。また行こう。とりあえず顔パックでもしながら読もう。笑

 

ぽってりしたフォームの乗ったカフェラテ

この間の休みの日、朝にタンクトップさんとスターバックスに行った。タンクトップ氏は朝の時間がすごく好きで、早起きして午前中の時間をたっぷり使う。私は本を読み、タンクトップ氏は絵を描いていた。たまにしょうもない冗談を言ってきたりして、笑わせてくれた。ホットラテのぽってりつやつやしたフォームミルクが好きだ。アイスの季節になったらあのぽってりはしばらく眺められない。

 

f:id:Stephan_ours:20210413165510j:image

マーブルポタージュ

その後、好きなお店でブランチを食べた。ポタージュスープの材料が、カブからじゃがいもと空豆に変わっていた(多分)。最初はじゃがいもかな?と思って飲んでいたら底の方は緑色のスープになっていて、白と緑のマーブル模様になった。味の変化もあるし見た目もきれいでとても感動した。うーん美味しかった…。

 

bulle de savon

近くにある、好きな洋服屋さんで麦わら帽子の試着をした。普段帽子は使わないけど、この季節は毎年麦わら帽子が欲しくなる。何個か被ってみたけどやっぱりしっくりこなかった。今年も被らないかもしれないな。お店にあった開襟ブラウスが可愛くて、これは絶対買うと心の中で小さく誓う。

 

古本屋さん

移転したらしいお店に初めて来た。面白い絵本や世界の言葉についての本を読んだ。今度またゆっくり見にこよう。

 

ピスタチオのアイスクリーム

タンクトップさんが食べたいというのでアイスクリーム屋さんに寄った。私はピスタチオとバニラが半分ずつのものを注文した。そうするとカップの中が白と緑のマーブル模様になっていて、さっきのポタージュもそうだったなと思いながら食べた。いい天気だったので店内を出て少し散歩しながら歩く。今日はデートだな!と改めて笑ってくれてぽかぽかした。ヒゲにアイスついてた。

 

今日のうちに食べたものを思い出して、ちょっと焦っていたのに晩ご飯は明太子クリームパスタになっていた。あれれれ…。まぁ、いっか。

メモ:朝のうちに一日のtodoリストを書く

毎日春休みのような気持ちで

今日は「お題  #新生活が捗る逸品」について書いてみる。

初めて一人暮らしをしたのは秋だった。慣れない料理や家事に四苦八苦しながらも、自分だけの生活というのが新鮮で楽しんでいたように思う。

どの時間に何をしてもいいというのは言えば「何でも出来る」ということで、例えば遅くまでファミレスにいて、黙々と作業をしたりして帰ってもいいし、朝ごはんをしっかり作って食べて、お昼ご飯は省略して夕方まで好きに過ごしたりしてもいいし、一日の流れの枠に縛られることなく過ごせることにワクワクしていた。もちろん基本的な生活リズムはあまり乱れぬように気をつけないといけないけど。

私の、(新)生活が捗ると感じる物をとりあえず3つ。生活の中でずっと使い続けていて、これがあると楽しいし、物事が考えやすいというもの。

 

フィルムのハーフカメラ

日々のなんでもないことをフィルムで撮るのが好きだ。誰かと会ったりどこかへ行ったりした特別な日を撮るのももちろん好きだけど、なんでもなかった日も大切な一日で、残しておきたいと思う。空でも散歩道でも、好きなおやつや家に飾ったものなんかも。

私のオススメは一枚を二分割で撮ることが出来るハーフカメラというもの。一つのフィルムで普通のカメラの二倍の枚数撮れるからあんまり気にせずにパシャパシャ出来るのと、関連のない写真が隣に並んだりして面白い一枚になったりする。

生活の記録にもなるし、季節の移り変わりも感じられるので続けるととても楽しい。

f:id:Stephan_ours:20210407143915j:image
f:id:Stephan_ours:20210407143922j:image
f:id:Stephan_ours:20210407143925j:image
f:id:Stephan_ours:20210407143932j:image

 

なんでも書けるノート

なんでも書く、というルールを作る。

日記帳でもありスケジュール帳でもあり、自由帳でもある。作って美味しかったご飯のレシピ、読みたい小説、観に行った映画、欲しいものリスト、今月の目標、どこかで見た可愛い服の組み合わせ、などなど。書く間に頭で整理されるのといつでも見返して思い出せるのがいい。私はモレスキンの無地のノートを使っている。好きなサイズの好きなノートを使うのがいいと思う。あと、そんなに続かなくても、一貫性がなくても気にしないことを大切にしている。書きたいときに書いて、それが積み重なればいいかなと。

 

 

 

使いやすい薬缶

人それぞれよく使う道具があると思う。私は薬缶だった。コーヒーを淹れるのにお湯を沸かし、麦茶を作るのにお湯を沸かし、部屋が乾燥しているからとお湯を沸かし、お茶漬けを食べるのにも、インスタントスープを作るのにもチキンラーメンを作るのだって…笑

とにかく重宝するので手に馴染む使いやすい薬缶、オススメです。今は野田琺瑯のちょっと小ぶりのやかんを使っている。実家にいたときからよく使っていたから相棒みたいな感じ。いつかは一生物の東屋の銅乃薬缶も買いたい。

 

野田琺瑯 ポーチカ ケトル 1.5L 日本製 PO-1.5K

野田琺瑯 ポーチカ ケトル 1.5L 日本製 PO-1.5K

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

 

便利グッズではないけれど、毎日のいろんなことを記録しておくことであとで見返した時に当時の記憶や気持ちが蘇ったり、思い出が残ったりする。新生活なら尚更、特に毎年と変わらない春がやってきたって人も、是非。

季節が変わっても、春休みが終わっても、毎日穏やかな気持ちでいたい。

最近読んだ三冊

空き時間についつい携帯を触ってしまうのがもったいなくて、だからと言って別の何かをするにはちょっと大袈裟だなぁという時。やっぱり読書がいいなと思う。

映画は区切らずに一気に見たいからまとまった時間が必要だし、日記を書いたりするのは気力がないし。料理をするのは億劫だし…(笑)と何かと理由をつけて遠ざけてしまうけど、読書は私の中でのハードルが下がりつつある。

開けばすぐに始められるし、数ページ読んだところでやめてもいい。最近は朝ごはんを食べながら読むことが多い。感想とも言えないものだけど少しだけ書いておこう。(内容に触れる部分もあるかもしれないのでこれから読む方はご注意ください)

 

f:id:Stephan_ours:20210401201903j:image

「たゆたえども沈まず」原田マハ

印象派である画家、フィンセント・ファン・ゴッホの物語。ゴッホは生きている間に一枚しか絵が売れなかったという。(諸説あり。一枚も売れなかったという話も)亡くなってからその才能が認められ、作品は大きな美術館に飾られ、今も世界にたくさんのファンがいる。ゴッホは生きている間から人気の画家だと思っていたのでそのことを最近知り、驚いた。ゴッホのことを知りたいと思いこの本を手に取った。

史実をもとにしたフィクションなので原田マハさんの物語になっているが、ゴッホの一生が細かくしっかりと描かれていた。自分の絵をまだ受け入れようとしない世の中に苦しみ、自分の人生や絵に対する苦悩がいつもついてまわる人だったのだとこの本を読んで思った。

 

「すべて真夜中の恋人たち」川上未映子

女性特有の感情をまざまざと見せつけられた印象だった。嫉妬とか、打算とか強がり、よく見せようとする気持ちなどなど。どろどろとしたもの。マウントを取る、なんてのもね。私はそんな感情持っていません、知りません、なんて人は一人もいないと私は思う。登場人物も”本当のいい人”なんて一人も出てこなかった。

こういった黒くて厭らしい感情とひそやかで煌めく恋心に主人公の気持ちは揺り動かされ、今まで避けてきた人との関わりや本音を見せ合うこと、そして三束さんと出会ったことは主人公にとって良かったと思った。

 

「サクラ咲く」辻村深月

若い読者に向けて書かれた作品らしく、簡単な漢字にもルビが振ってあって微笑ましかった。三つの短編集だったが表題作の「サクラ咲く」は続きが気になりどんどん読み進めてしまう面白さがあった。主人公マチの勇気を出す瞬間、変われたこと。瑞々しくて青春だなぁ〜となってしまった。眩しい。

 

今は吉田篤弘さんの本を読んでいる。かなり好みでこの人の本はたくさん読んでみたいと思っている。服装も軽くなってきてアイスコーヒーが美味しい日も増えてきて、なんだかより気軽に読書が出来る気がする。

春支度

春はこんなにも気温差が激しかったけなぁと思いながら日々過ごしている。今年は特に気温差を感じるような気がする。

朝晩のひやっとした空気に触れると春はまだまだ…と思っていたけどもうすぐ4月だし、この気温差を含めて春なのね。四季は何度繰り返しても新鮮でいいなぁ。

気温が上がるにつれていそいそと春支度、というか春に使いたい物を買ってはそれを使う日々を楽しみにしていた。今回はそんなお気に入りについて。

 

 

f:id:Stephan_ours:20210329161011j:image

1 無印良品クルタと日焼け止めジェル

暖かくなったら部屋着をワンピースにしたいなぁと思っていて、そろそろ着れそうだなと思い購入。ここ1週間くらい着ているけど着心地はとてもいい。さらっとふわっとしていてどこも締め付けられないし、足に纏わり付いたりもしないし。ブルーのストライプが春っぽくていいね。へへ。

あとは春と言ったら紫外線問題。油断してたらすぐに焼けてしまう…特に首の後ろ。おうち時間が増えてメイクをしない日も多いから、朝ぱぱっと塗れるようにポンプタイプの日焼け止めジェルを机に置いている。石鹸で落とせるとこが良い。ハッピー。

 

f:id:Stephan_ours:20210329161534j:image

2 お散歩用のスニーカー

冬も着込んでたくさんお散歩したけど、身軽になってきてもっともっとたくさんお散歩したい!歩き回りたい!と思っていたら同居人の彼がスポーツシューズをプレゼントしてくれた。やったー!

運動は嫌いでスポーツシューズは一度も履いたことがなかったけど、軽くて足にピッタリで感動。これは歩きやすい。いっぱい歩いても全然疲れない。本当は走るためなのかな?と思うけど私はとことん歩く。笑

 

f:id:Stephan_ours:20210329161553j:image

3 LISARCHのヘアソルベ

2年くらい黒髪でいたけど少し前に久しぶりにカラーをした。

髪色が明るくなったのでささっとオイルをつけるだけのシンプルなスタイリングにしたくて気になってたヘアソルベを使い始めた。まずつけた後に手を洗わなくていいのが便利。そのまま手に馴染ませられるし、髪もベタベタしすぎなくて丁度いい使用感。気に入りました。髪も巻いたりせず、そのまま手ぐしでつけて最後にコーミングするだけだからちゃちゃっと終わるし、楽ちん。

 

f:id:Stephan_ours:20210329161616j:image

4 生成りのデニム

前の記事で書いた試着してしっくりときた生成りのデニム。生成りの柔らかい白が春らしくてたくさん履きたくなる。芝生とかの緑によく映えるからお散歩も楽しい。汚さないように気をつけよう。

 

最近のこと

○雪柳が満開だった。ふわっと花の香りがした時に、この匂いはなんだろう、どこからやってくるのだろうと毎年思っていた独特の春の匂いはこれなんじゃないかと思った。

○最近本を読むことが少しづつ定着してきたのかまとまった量のページを集中して読めるようになってきた。

○久しぶりに買ったタピオカのジャスミンミルクティーがとても美味しかった。ジャスミンはそんなに得意じゃないとずっと思っていたけどしばらく口にしない間に味覚の好みが変わったのかもしれない。大人になるにつれて、美味しいと感じるものがどんどん増えていて嬉しい。また飲みたいな。

 

3月ももう終わり。文章を書くことがやっぱり不慣れでなかなか更新出来なかったけど、またひょっこり書きに来ます。

ラベンダーとデニム、プチハッピー

私は喜怒哀楽がとてもしっかりしている。

基本的にはポジティブでのほほんとしているけど、人に言われたことをよく気にするし、少しのことでブルーになったりする。PMS期は特に、よく泣いたり不機嫌になったりする。

f:id:Stephan_ours:20210227085650j:image

浮き沈みのある毎日で少しでも機嫌よく、自分が心地よく過ごせるために小さなハッピーを集めている。今日は最近あった小さなハッピー集。

 

お客さんからの言葉

f:id:Stephan_ours:20210227085518j:image

お客さんから褒められた。お客さんから感謝された。とても嬉しい。お客さんにお話しして、喜んでもらえた時もすごく嬉しい。

 

ラベンダーのドライフラワーを買った

f:id:Stephan_ours:20210227085555j:image

とても疲れた日、ラベンダーのドライフラワーを買って帰った。ドライでもしっかりとラベンダーの香りが残っていて驚き。ラベンダーの香りって本当に癒される。とってもいい匂い。

 

先輩がいい人になっていた!

昔一緒に働いていた先輩がいて、他人に厳しくちょっと無愛想だった(店員さんとかにもちょっと怖い感じ)。お世話になったけど正直そんなに好きな人ではなかった。数年ぶりにお客さんとしてその先輩がやって来た。私が昔の後輩とは気づいていないようで、普通にやりとりをしたけどとーっても愛想がよくて素敵な笑顔で話してくれた。雰囲気も柔らかくなっていたような。私は嬉しくなって、迷ったけど勇気を出してカミングアウトした。そしたら驚きつつもしっかりと覚えてくれていて、優しい言葉をかけてもらった。

人は変わらないと思っていたけど、こんなに素敵に変わっている先輩を見て嬉しかった。

 

試着したジーンズがしっくりきた

f:id:Stephan_ours:20210227085622j:image

普段ワンピースが多いのでジーンズはあまり買わないけど、春に生成色のデニムが履きたくなってとりあえず試着してみたらサイズ感、履きごごち、あとは今まで濃いノンウォッシュのデニムばかりだから自分が白いデニムというのはどうかなぁと思っていたけど生成りという優しい風合いだからなのか違和感はなく、全体的にしっくりきたのである。自分のファッションの幅が広がった感じがして、あとは春にたくさん履いて出歩くのを想像して、うきうきした。

まだ買ってはいない。来週買いに行こう。

 

上手くいかない日もあるけど、小さくて大切なハッピーたちのおかげで今日も元気に過ごせている。大切に大切に。